不安症(社交不安症とパニック症)のカウンセリング

社交不安症とパニック症のネットカウンセリング

女性の視線が怖い(視線恐怖)人は宝塚歌劇を観劇すべし!

^f:id:goscafe:20180922231555j:plain 

臨床心理士の藤井です。今日は視線恐怖症のお話。

あ、画像の明日海りおさんとは、宝塚歌劇団花組のトップスターです。

画像載せたいけど、著作権の関係で無理!残念!検索して!

 

視線恐怖症も社交不安症(社交不安障害)の代表的な症状になります。

視線恐怖症の中でも女性の視線が怖い、緊張するって人も多いです。

このように「ある特定の場面、特定の人の●●が苦手」というのも

社交不安症の代表的な困りごとの一つ。

 

◆視線恐怖

社交不安症の症状の一つです。この視線恐怖は2つのタイプがあります。

 

①他人の視線が怖いタイプ

「人が自分に注目して、うわさをしている気がする、自分の行動を観察

されているようで落ち着かない、といった他人の視線が怖い・・・」

こんなお悩みの人いませんか?

 

②自分の視線が他人に迷惑をかけている

「自分の視線が相手にいやな感じを与えてしまうのではないか・・

感じ悪いのでは?」

 

例えば、自分は周りの女性に「キモイ」「うざい」「バカ」「ダサい」

って噂されているかもしれない。だから女性と接するのは怖い。女性にジロジロみられているかもしれない。

例えば、さっきじろっと女性を見てしまった。

なんだか自分がジロッと見てしまったせいで相手に不快な思いをさせたかもしれない。

こういうことを頻繁に思ってしまい、結局女性を避け続ける人生送ってませんか?

こういう方に女性の視線が怖くならない方法をお伝えしましょう。

 

その手立てはこちら。

①あえて視線恐怖が強い場面に行くことを決める

②実際に視線恐怖の強い場面に行ってみる

③その結果を振り返る

④結果から考察

①あえて視線恐怖が強い場面にいくことを決める

心理学の研究では、怖いもの、苦手なもの、緊張を呼び起こすようなものを

避け続けると、結局、不安や恐怖は強くなります。

そうなんです。女性や視線を避け続けると、その時はいいものの、

結局は女性が苦手、視線が苦手という感覚は強まります。避けちゃダメなんですね。

あえて、視線恐怖が強く出やす所に行きましょう。

例えば・・・(あくまで仮定ですが)東京の銀座にある東京宝塚劇場はいかがでしょうか。とにかく女性が多くて、男性がいると目立つ場所にしましょう。ジャニーズのコンサートでも、女性しか行かないおしゃれなカフェでも、オシャレな美容院でも可。

とにかく男が行きにくい場所にするんです。

 

②実際に苦手な場面に行ってみる

実は、苦手な場面を想像したり、行くことをかんがえるだけでも

視線恐怖症改善には良いのです。ただ・・・やはり実際に行ってもらわないと

本格的な改善には至りません。ただ行くだけでだめ。せっかく女性だけの空間に

行くのです。出会いがあるかもしれません。目立つ格好をしましょう!

嫌がらせで言っているのではありません。不安や恐怖が強いとその場面で

一時のあんしんを求める行動を人間は取りがちです。これを安全行動といいます。

安全行動が続くとなかなか不安や恐怖は改善に至りません。

安全行動を減らし、わざと目立つのが大事。出会いがあるかも・・・。

 

③その結果を振り返る

勇気を出して、苦手な場所(女性が多い場所)に行って来たら振り返りをしましょう。

以前私が銀座の宝塚劇場に行ったときのお話をします。私が観劇した日も客席の9割が

女性・・・。女性だらけ。見渡す限りの女性。そして、私は大柄なので目立つ、目立つ。ただ・・周りの女性たちはタカラジェンヌに夢中なので、全く私のほうを見向きもしません。パンフレット、チラシ、舞台に夢中です。

④結果から考察

結果から考察してみました。

●まず、女性たちは全く私のことは眼中にありません。当たり前です。

●ただ、1度後ろの席の女性から申し訳なさそうに「すいません。見に行くので少し深く座ってもらってもいいですか?」と言われました。その節は本当にすいませんでした(笑)ただ、これは視線とは関係ないですよね。

 

●確かに女性だらけの環境は居心地が悪いです。だって2000人くらいの観客いるけど大半が女性・・・。ただその居心地の悪さも次第に少なくなり。まあ仕方ないかなと

思えるようになりました。

 

●まとめ

 こんな風に苦手な場面にあえてチャレンジしてみる。そして、「あれ?悪く想像するほど現実は大したことないな」という経験を積み重ねるのが大事です。

実は今回の方法は、まだまだ・・・生ぬるいのです。視線恐怖を克服する方法はほかにもありますが・・・今日はこの辺で。