社交不安(対人恐怖)とパニック発作のカウンセリング

社交不安障害とパニック障害のSkypeカウンセリング

過呼吸が起こりやすくなる3つのクセを知ろう!!

f:id:goscafe:20171006182524j:plain

 

臨床心理士の藤井です。

パニック発作の中でも、最も有名な症状が「過呼吸」だと思います。

過呼吸対策には、過呼吸が起こりやすくなるポイントを知るべきです。

敵を知り、己を知れば百戦危うからず。

ポイントを今日はお知らせします。 

 

①1分間の呼吸の回数を記録する

息を吸って吐き終わるまでを一回とします。
時計を見て1分間の間に何回呼吸しているかを数えていきます。
 


ちょっとやってみませんか?

 
 
どうでした?1分間の呼吸は何回でしたか?
一般的に1分間の呼吸の回数は10回から12回。

 
②その呼吸の回数早すぎませんか?
平均回数よりも呼吸の回数が多い場合、注意が必要。

呼吸の回数を減らす必要があります。
 
③その呼吸深すぎませんか?
呼吸をしていると時々胸が広がりすぎる感じがありませんか?

口だけではなく腹や息で呼吸するのも大事。

口だけで呼吸すると過呼吸が起こりやすくなります。

 

④いつもせかせかしてませんか?

 せかせかと慌ただしく動いていませんか?

 掃除、家事、仕事・・あれこれ手を付け過ぎていたり、

 過剰に仕事をしすぎてないでしょうか。「せかせか」していると

 呼吸が浅くなり、結局過呼吸が起こりやすくなります。