社交不安(対人恐怖)とパニック発作のカウンセリング

社交不安障害とパニック障害のSkypeカウンセリング

三連休の効果的な過ごし方 パニック症の方へ

三連休の効果的な過ごし方 ※パニック症の方へ

f:id:goscafe:20161020215749j:plain

臨床心理士の藤井です。

明日から休日です。それも三連休です。

寒くはなってきたものの、まだまだ気候は落ち着いています。

ただ、パニック症だと「休日の過ごし方」が問題になってしまいます。

こんな例があります。


 
パニック障害で悩むA子さん 大学生3年生
・大学入学時からパニック発作が起き始め始めました。

・現在、治療中です。
・発作が怖いので休日はほぼ引きこもりです。
・引きこもりの時はは激ウツです。
・せっかくの休日なのに最近は泣いてばかりです。
 

こうなってしまうと、休日家に居るだけでも億劫になりますよね。

嫌なもんです。病気改善に効果的な休日の過ごし方をお伝えします。

 

①定番ですが、まず体内リズムを整える
パニック障害になると朝眠くてしかたがない・・・という方が多いです。

生活リズムが乱れてしまうのです。

まず、これらのことを心がけてください。
 
・起きたらすぐ太陽の光をあびる
 目覚めたらまず日光を浴びましょう。
 光が目から入り、体内時計を司る脳の部位(視交さ上核)
 に信号が送られます。
 
・平日も休日も同じ時間に起きる
 しんどいですが頑張りましょう!毎日同じ時間に起きることで体内時計が
 整います。
 
・決まった時間に寝ましょう
 夜中の23時から26時は体内の修復が進む時間帯。

日付が変わる前に寝ることを目標にしましょう!
 


②1日30分の散歩、水泳や軽いウォーキングを習慣にする
 軽い運動はパニック障害の治療に効果的です。

 特に有酸素運動はおススメ。 
 運動をしているといは運動に集中しましょう。例えば散歩しているときは、
 「歩く」ことに集中です。今どの部位を動かしているか、どの筋肉が伸びているか
 などを意識して運動しましょう。集中することで不安感を紛らわします。
  


③掃除をしながら簡単エクササイズ

 

運動自体が苦手な方、体力が落ちている方、過呼吸が心配で

軽い運動もできない方・・・おられると思います。
 
そんな方は家の掃除がおススメです。まず、家じゅうをおおがかりに掃除するのではなく、机の上、部屋の一部と部分的にやりましょう。
 
掃除は有酸素運動の一部です。さらに部屋がきれいになれば気分もいいし、
家族からも感謝され自信にもなります。
 
以上、簡単ではありますが休日の過ごし方をまとめてみました。
私も寝てばかり、ゴロゴロばかりではなくて
部屋の掃除をします!