社交不安(対人恐怖)とパニック発作のカウンセリング

社交不安障害とパニック障害のSkypeカウンセリング

社交不安症の方へ:注意トレーニングの方法

f:id:goscafe:20170927192106j:plain

臨床心理士の藤井です。

社交不安症の方々、対人恐怖症の方々・・・皆さん買い物に緊張したりしませんかーー?
私も買い物はお店によって超緊張します。
某ブランドショップ(っていうほど高くないけど)に入ると緊張するわけです。

転院が全員で「こんにちは!」と愛想が良いもので。
この某ブランドショップにいくとものすごく注目される感覚があって
妙に、ぎこちなくなってしまうのです。
そういう経験ありませんか?

「なんだか周りに随分と注目されている
周りから変な風に見られている」


こんな風に考えしまう。

こういう時って、どうしたらいいでしょう?


そもそも、このよう「注目されすぎていて緊張する」感覚というのは何でしょうか。
社交不安症の場合、注意が過剰に自分自身に集中している場合があります。

f:id:goscafe:20170920140411j:plain

このような「過剰に自分に注意を向く」という状態を改善する方法をお伝えします。


1 他人に注意を向けてみる
 まず・・・自分ではなくて他人に注意を向けます。
 注意を向ている他人の顔を、後で似顔絵かきの人に説明できるくらいに観察しましょう。
 穴が開くほど、よーーーく見てください。

2 注意の対象を交互に入れ替える
 外部にばかり注意を向け続けるのも偏りすぎです。
 慣れてきたら自分の注意と他人の注意を交互に入れ替えましょう。

3 世間話をしながら相手の顔を観察する
 十分に観察することが出来たら、次は自分から話しかけてみましょう。
 世間話(雑談)で大丈夫です。


 相手の顔に注意を向け、観察するのに慣れてきたら、話の内容に注意を向けるようにしましょう。


 社交不安の強い人にとっては、ついつい自分に注意が向いてしまい、外部に注意をむけることができない
場合があります。そんなときは自分自身に注意を向ける事だけは一切行わないようにしましょう。
外部にある風景、戸外の音、壁の絵などに注意を向けると良いと思います。

広告を非表示にする