社交不安(対人恐怖)とパニック発作のカウンセリング

社交不安障害とパニック障害のSkypeカウンセリング

対人恐怖症が改善しない時にチェックする3か条

 

対人恐怖症が改善しない時にチェックする3か条

 

 

 

f:id:goscafe:20170510170531j:plain

 

 

慣れるとセルフケアやセルフコントロールが正しい方法からズレてしまう

臨床心理士の藤井です。私、糖質制限にはまっています。

とにかく、炭水化物や甘いものは極力取らないようにしているんです。

8キロくらいやせました!やった!!

とこらが最近なかなか体重が減らないのです。糖質制限をやっているのに減らない。

減らない。減らない。減らない!!!!

 

なぜ減らないのか、改めて最近の食生活を見直してみました。

理由がわかりました!これを食べていたからです。

f:id:goscafe:20170510173922j:plain

これ食べていたら痩せないよね。はい、すいません。1日二個食べてました。ごめん。

このように一度、症状(私の場合は体重)が改善すると知らないうちにセルフケアが

自己流になってしまいがちです。正しいセルフケアからずれていくわけです。

 

対人恐怖症(社交不安障害)も同じです。様々なセルフケア、症状のセルフコントロールの方法がネット、専門書で書かれているものの、少し改善すると自然にやらなくなってきます。結果、症状はぶり返したり、改善が停滞するわけです。

今回はそんなぶり返し、停滞が起きた時に改めて再確認しておきたい項目をまとめてみました。

 

これだけは押さえておきたい!!セルフケア3か条

①不安が高くなったら、まずは呼吸をコントロールをしてみよう!

 深呼吸をするだけでも少し落ち着きますよね。対人恐怖症(社交不安障害)、

パニック障害の場合リラクセーション法を覚えておくと良いですよ。

少し緊張や不安が高まったら呼吸をコントロールしてリラックスしていきましょう。

詳しい手順はこちらに。

goscafe.hatenadiary.com

 

②タバコ、カフェイン、アルコール等は控えめにしましょう。

 タバコ、カフェイン、アルコールは不安障害を悪化させる要因です。

また処方されている薬の効用も弱めてしまいます。美味しいのはわかるのですが・・・

控えてくださいね。

 

③回避行動や安全行動を減らしましょう。

不安が起きる場面、不安が起きる出来事、不安が起きる人・・

これらの接触を回避する行動(回避行動)は、一時に楽になるものの長い目で見ると不安が慢性化してしまいます。

回避行動の例:苦手な出来事、場所、人を避ける

 

安全行動も同じです。

安全行動は「不安を感じる場面で安全を最優先する行動」のこと。

こちらで詳しく解説しています。

goscafe.hatenadiary.com

 

安全行動は一時的に不安を下げますが、長い目で見ると悪い事態を招きます。

安全行動をしないと変な人と思われるのではないか、不安が下がらないのではないかと

いう考えが強くなり止めることができなくなります。

 

まずはこんな3つを思い返してみください。