社交不安(対人恐怖)とパニック発作のカウンセリング

社交不安障害とパニック障害のSkypeカウンセリング

「社交不安障害だけどPTAの役員になった。どうしよう‥‥」ていう時に読む記事

PTAの役員になってしまった社交不安障害(対人恐怖症)の方へ

f:id:goscafe:20170506093307p:plain

 

臨床心理士の藤井です。

春になると色々な環境変化ありますよね。

PTAの役員改選もその一つです。PTAってめんどうです。

「公平」ということで役員も断れないし。

こんな例があります。架空の例です

 

社交不安障害社会不安障害)がある40代主婦Aさん

 

・子供は小学生と幼稚園児の二人です。
・小学校のPTAの役員になりました。

・私は人前で話す場面になるとひどく緊張します。

・この前なんて急に自己紹介をするように言われ声が震えて出ませんでした。
・そして腰が抜けて座り込んでしまうという醜態を皆の前でさらしてしまいました。
・PTA役員は早くに済まさないと6年生になってからだと色々あって大変だという事

・やっていないという事で陰口を言われたりすることもあると聞きました。

・役員きめのくじ引きで当たってしまい結局なることに・・・。

・人前で話したり、発表することはダメですけど、それ以外ならできるのですが・・・

 

断り切れずに役員を引き受けた場合にどうするか・・・対策を考えてみました。

 

対策① 役員を辞退できるなら辞退する

もし断ることができたらできるだけ断りましょう。

断る際は病状を説明し、役員を続けることが健康を害するリスクを招く・・・

と言う感じで断りましょう。

「6年生になったときに大変」っていうことですけど、今は社交不安障害を

しっかりと治して、そのうえで役員になればいいのです。今から大変なことを

しょい込む必要はありません。

 

対策② 診断書を用意せよ

残念ながら断れなかった場合・・・

主治医に「診断書」を書いてもらいましょう。

その際に改めて御自身の病状や治療の見通しなどを

主治医に確認すればいいと思います。

こういうことに誠実に答えてくれる医師は「良い医師」です。

 

対策③ 診断書をもってPTAの偉い人に相談へ

その診断書を持ってPTA会長とか校長先生とか

一部の関係者に相談に行きます。

もし、相談する際に緊張が強くて声が震えたり、身体の一部が震えたりする場合・・・

・このような症状が実際に出る事

・このような症状のために役員を続けることは難しいこと

・役員の仕事が全部無理なわけではない。人前で話す仕事以外はやれる

・具体的に「やれる仕事は〇〇、△△この部分はぜひ引き受けたい」というふうに

 できることも強調しましょう。

 

相談される場合は、メモ書きにしてそれを朗読しても良いと思います。

 

対策④ 「○○できない」→「○○ならできる」という言い方で

対策2のように人前で話す仕事以外はやれるわけです。

もし役員を続けることになった場合、周りから仕事を振られることもありますよね。

事前に病気のことを話してあるといっても、苦手な事(人まで話すような)が仕事として

振られてくるかもしれません。

そういう時の仕事の断り方なんですが、

 

なんでも「できません」だと反感を買ってしまう場合もあります。

そういう場合、「振っていただいたすべての仕事はできないが、その中の○○ならできます。やらせてください」とできるだけ肯定的な表現にしていきましょう。

例えば、人前での発表は出来ないけど、発表時の挨拶文は考えるとか。

 

いくつか対策を並べてみました。なかなか通り一遍行かないこともあるかと思います。

そのようなときは一緒に対策をオーダーメイドで考えられますのでご連絡くださいね。