読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社交不安(対人恐怖)とパニック発作のカウンセリング

社交不安障害とパニック障害のSkypeカウンセリング

パニック障害の症状の進み方は4段階です。そして治療の進み方を解説

パニック障害 認知行動療法 パニック発作への対策

臨床心理士の藤井です。

今回はパニック障害の症状の進み方をわかりやすくお伝えしたいと思います。

段階ごとにお伝えしていきますので参考にされてみてください。

 

ちなみにパニック発作は、パニック障害の代表的な症状。ただし、それだけでは

パニック障害と判断しません。パニック発作のほかに予期不安、広場恐怖、残遺症状

が現れます。このような症状が長期化する恐れも。

 

典型的なパニック障害の例をまずお知らせします。架空の例です。

 

30代女性 Tさん 美容院でパニック発作を経験。その後、広場恐怖やうつに苦しむ

・Tさんは2児の母親で、初めて発作が起きた時は美容室のカラーリングの最中でした。

・カラーリング液を塗って放置している最中、急なクラクラ感と何とも言い難い不安を 

 感じ、思わずトイレに逃げてしまったそうです。
・状況的に最初はカラーリング剤のアレルギーかと思ったそうですが、それ以後スー 

 パーのレジの行列や子どもの行事に参加する際もめまいや動悸が発生。精神的に辛く

 なり、家の中で泣いてしまうことが増えました。


・この症状と家事・育児の両立は辛く、旦那さんに言っても理解してもらえなかったこ

 とから限界を感じ、ご両親に相談して心療内科に行くことになりました。

・そこで初めてパニック障害と軽い抑うつ状態であることが分かり、投薬治療を開始し 

 ました。診断後もご両親以外の家族には理解されないことが辛いそうですが、薬でな

 んとか症状を抑え、子育ては頑張れる状態であるとのことです。

 

Tさんの例でもありますが、パニック障害の症状の進み方は

 

①前駆期

②急性期

③移行期

④慢性期

 

の4つの段階に分かれます。一つずつ説明していきましょう。

 

①前駆期(数日から半月程度)

この時期はごく軽い症状がある時期です。

「少し息苦しいな」、「軽い動悸やめまいがするな」などパニック発作

かなり軽くしたような症状が現れます。ただ、ほとんど気になりません。

 

②急性期(一か月から1年)

この時期はパニック発作が激しくなる時期です。

動悸、息切れ、めまいなど激しい症状が起きます。

それも立て続けに。最初の発作の後、次の発作まで

数日から数週間と間が空く場合もありますが2回目以降は

立て続けに起きていきます。

 

③移行期(三か月から1年)

この時期になると発作の間隔は広がり、頻度も減っていきます。

回数も減っていきます。ただし、この時期になると

「また発作が起きるのではないか」、「人が集まるような場所にはいきたくない」

という広場恐怖が現れます。

 

④慢性期(半年から20年、30年)

この時期になるとうつ状態で苦しむことになります。

パニック発作の回数は減ったものの、うつ状態に襲われます。

何となく体がだるい、身体を動かすのは億劫になってきます。

これが残遺症状です。

 

では、治療はどのように勧めていけばいいのでしょうか?

それをこれから解説していきますね。

f:id:goscafe:20170202134507j:plain

 

 

治療の進め方は、症状ごとに違います。

ただ、大まかにいうと

 

●急性期は薬。移行期から慢性期はカウンセリング

最初はお薬。次にカウンセリングです。薬→カウンセリングの順番。

次に症状ごとに見ていきましょう。

 

パニック発作を静める。メインはお薬

まず、急性期の時、パニック発作が多いときはそれを抑える必要があります。

 

 

②予期不安を減らす お薬→カウンセリング

予期不安もまずは薬です。症状が落ち着いてきたら薬の量や種類を減らしていきます。

その次は具体的にはカウンセリング(認知行動療法)をやっていきます。パニック障害の人が持つ特有の考え方の癖を減らします。考えを柔軟にしていくトレーニングを行います。

 

③広場恐怖を減らす カウンセリング

広場恐怖にはやはりカウンセリングです。行動療法という技法を使い

恐怖や緊張になれていきます。

 

④うつ症状 

まずはお薬。次第に量は減らしていきます。

 

 

まずはこんな感じです。結構長いスパンで見ていく必要があります。

これは個人的な感覚ですが、急性期でひとまず病院を受診するものの、

病院に行くことがしんどく、結局通院を中断される方が多いようです。

パニック障害の方は外出すること自体が負担です。

臨床心理士はお薬を出すことはできませんが、カウンセリングの専門家です。

カウンセリングの進め方はこちらで解説しています。

goscafe.hatenadiary.com

 

 

もし、医療機関に通院が難しい場合、通っておられる病院にカウンセラーがいない

場合(これ、結構多いです)スカイプカウンセリングをご利用ください。

御質問、お申込みはこちらから

料金案内と御申込ページ

お問い合わせ、御質問はこちらから