読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社交不安(対人恐怖)とパニック発作のカウンセリング

社交不安障害とパニック障害のSkypeカウンセリング

あがり症で人前で緊張しちゃう方へ 緊張を減らす5つの方法

社交不安症 スピーチ恐怖 社交不安障害 会話が苦手

人前で話すときって緊張しますよね。
私も結構苦手。面倒ですよね。嫌いですよ(笑)

ちなみに社交不安障害の方でこんな場面苦手じゃないですか?

 

・朝礼
・自己紹介
・職場の会議(ミーティング)
・上司に報告する

 

こういったものは、定期的にあるものですし怠ると仕事の評価にも関わりすからねえ。
困ったものです。

 

 

「うちの会社では毎朝、朝礼の時間に順番で目標を言うんです。

みんなの前で○○します!とか言うのが嫌で嫌で・・・。」

 

「定期的に部署内でミーティングがあるんです。

普段は大丈夫なんですけど、その時だけ緊張が高くて・・・・。」

 

「最近上司が変わりました。

不愛想な男性上司なんですけど、報告するのになんか緊張しちゃって。

すごい気疲れしちゃいます。」

 

 

こんなお悩みをネットで見たりします。みなさんはいかがでしょうか?私も悩みますねえ
こういう場面は苦手。いや、苦手だった・・・のです。克服方法を私マスターしました。
それは後で紹介します。


そもそも何でこうなるのでしょうか。
このような症状は

●心は弱いからなる
●過去の親子関係
●前世・・・

などが問題ではありません。社交不安障害(最近では社交不安症)特有の症状です。
対策もちゃんとあるんです。

 

 

 

f:id:goscafe:20170127104923p:plain

 

 

 

対策は主に5つ!今から人前で話す際に緊張に振り回されないポイントを紹介します。

 

① 視線は聞いている人に向ける
人前で話すのが苦手な人は、ついつい原稿やパソコン画面ばかりを見がちです。
ついついやりがちですよね。原稿やパソコンばかり見ていたら安心だし。
そうではなくて、出来るだけ原稿やパソコンから目を離し、聞いている人に向けて
話すようにしましょう。

「聞いている人」を見るってピンと来ないという人は
近い人よりも少し遠い人、あるいは遠いものをサーチライトのように見回すのがお勧め。

さらに聞いている人の中に居る「うんうんと頷いて暖かく見守ってくれている」人をたくさん見るのも手です。そういう人はきっといい人だから・・・じゃなくてそういう肯定的な反応を出している人を見続けると緊張は減っていくもの。

 


② 話の間を恐れない
「えー、」「あのー」、「それとですね」など余計な言葉を入れていませんか?
不安が強かったりするとこういう言葉が増えますよ。間を埋めないようにするのが大事。
話の間を埋めようとして余計な言葉をいれてしまうと逆に「あの人不安なのかな?」と
思わせてしまいます。こういう言葉を挟む方は「間違えてはいけない!」という思いが
強いのかも。少しくらい間違えても気づかれません。大丈夫。


③ ゆっくり話す
これ・・・私もやりがちなんですけど、緊張すると早くしゃべってしまう癖があります。
面倒な話、緊張する話は早く終わらせたいんですよね。本当に。
ただ、話すスピードが速くなればなるほど、緊張感も強まっていきます。
また聞いている方も、聞き取りにくいし、焦っているような印象をもってしまいます。
緊張感を必要以上に強くしないためにも、ゆっくり話すことを心がけましょう。
え?早く話を切り上げてほしい人もいるかもって?
大事な話をこちらはしているんです。そういう人は無視!

 


④ 用意した原稿をそのまま読むのはやめましょう。
これもねえ・・・。読んでるほうは楽ですけど。
プレゼンや発表等で原稿やメモをそのまま読む人がいます。
短い文章や正確に伝えることが最優先の文章であれば、そのまま言う作戦もいいかなと。

ただし、そうではない場合はある程度変えてもいいかなと。
棒読み、そのまま読んでいる人ってわかりますし、聞いているほうは退屈になってきます。もちろん、退屈な人は構わないでいいですけども、そういう退屈そうな姿を見て
「ああ、自分はうまく話せないんだ」と落ち込んだりするのは損です。話す内容はメモ程度に見るのは構いませんが、一字一句読み上げるだけのことはやめましょう。

 

⑤ 自分が話している姿を動画で撮影する
「自分が話している時どのように見えているか?」って実際に見たことあります?
恥ずかしいから見ないですよねえ。いや、見ないと社交不安は克服できません(笑)
見たことないのに「自分は変だ」とか考えて、下を向いたり早く話したり、原稿を読んだりしています。実際に話している自分を見てみると、どこをどう直したらよいかわかります。今はスマホで簡単に動画を撮れます。今まで通りのやり方で話した場合と、①~④を実践した場合と差を見てみてみましょう。そうすると自分が不安を隠そうとしてやっていかことが逆効果だってことや、①~④を実践すると違うんだ~、ってことを実感してもらえるでしょう。

以上、こんな感じです。
・朝礼
・自己紹介
・職場の会議(ミーティング)
・上司に報告する

こんな場面で緊張しやすい方は今まで紹介した方法を試してみてください。