社交不安(対人恐怖)とパニック発作のカウンセリング

社交不安障害とパニック障害のSkypeカウンセリング

美容院が怖くて行けないパニック障害の方にお勧めるする4つの方法

 臨床心理士の藤井です。
女性のパニック障害の方でよく聞く困りごとに

「美容院に行けない」っていう困りごとがあります。

 

パニック障害と美容院の意外な関係

 

パニック障害の人が直面する様々な「美容院」での困り事


困りごとの内容は様々です。

・以前、美容院でシャンプーをしてもらっているときパニック発作が起きた。
 また起きたらどうしようと思うと美容院に行けない
・首の周りを締め付けられるのが苦手。息苦しくなり過呼吸が起きそうな感じがする。
・シャンプー台に乗った時に苦しくなり動悸や過呼吸が起きそうな感じがする。

女性にとって美容院に行けないってかなり深刻な悩みですよね。
対策として
・美容院に行けないので自分でカットしている、
・できるだけ美容院に行かないようにしている、
・美容院に行くときは必ず家族同伴でいく・・・

このような対策をされている方も多い。
最初はこういう対策でも「その場しのぎ」になるかと思うのですが
次第に「美容院も自由にいけないなんて・・・」、「家族に迷惑をかけている・・・」


このように思いが強まると結局

パニック発作が起きたらどうしよう?」

「起きそうな場所は避けよう。あまり行かないようにしよう」

という気持ちが強まります。そして外出の機会が減っていき、楽しみの少ない

日常・・・うつ感が強まる・・という悪循環へ。そして益々苦手な場所や

不安が強まるだけになっていきます。

 

ただ、このような気持ちを静める方法があります。

今回は「パニック障害の人が快適に美容院で過ごす方法」を

お伝えしたいと思います。

f:id:goscafe:20170110144605j:plain

 

美容院で起きる困り事への対策

▼困りごとを起こす要因は「安全行動」だった。

パニック発作が起きそうだから避けよう」というのは至極もっともな感じではあるのですが・・・・これが益々恐怖や不安を増やしちゃうんです。

苦手なもの、不安や緊張を呼び起こす状況を避ければその時は楽になりますけど

結果的に不安感は増大するのみ。外出する機会も減っていきます。

 

苦手なものや怖いものに直面するときにやってしまう行動がありますよね。

これを安全行動といいます。安全を確保する行動だから、安全行動。 

具体的には・・・「美容院でパニック発作が起きるかもしれない。」

と思ったときにしてしまう行為のこと。

そんなときにしてしまう安全行動の例として・・・・こんなものがあります。

 

【安全行動の例】

①まず美容院は避けよう

②美容院に行く前に頓服を飲もう/美容院のトイレを借りてこっそり頓服を飲もう

③美容院に行くときに家族についてきてもらおう。

④美容院に行くときは彼氏についてきてもらおう

⑤混んでいない時間帯に予約を取ろう(けど、結果的になかなか予約は取れにくい)

 

こういう安全行動がパニック発作への不安や恐怖を維持することになります。
皮肉ですよね。

不安や恐怖を減らすたえにやっていたことがそれを増やす結果になるなんて・・・。

こういう安全行動が増えすぎると、これ無しでは美容院はおろか、外出することもままならなくなっていきます。こうなると外出の機会が減り、うつ状態へ・・・という悪循環になってしまうわけです。これは避けなければなりません。

 


じゃあ、どうするかなんですが、ポイントは以下の通り

①具体的に不安な場面をリストアップする。

「美容院にいく」って実際様々な場面が含まれてます。

怖いのは、パーマをかけらているとき?、カットの時?シャンプーの時?
苦手な場面をリストアップします。具体的な場面を詳しく書いてみるとのがお勧め。

 

②苦手度を数値化


今度は苦手場面を数値化しましょう。
0が全く怖くない。100が一番怖い。
同じ状況とも条件によって数値も変化しやすいかも。
一人なら不安が強いけど家族に同伴してもらえたらマシとか。
土日のすっごい混んでいる美容院だと大変だけど、平日午前中なら大丈夫とか。

同じ美容院のお店でも時間によって様々です。

 
③不安場面に挑戦する


リストアップした不安場面にチャレンジしていきましょう。
チャレンジの方法は簡単。苦手な場面を避けたり、安全行動をやめるのです。

なーんにもしないまま美容院へいっていください。

でもいきなりやるのは怖いですよね。そういう時はカウンセラーに御相談ください。

いきなり激混みの美容院に行くのはお勧めではありません。すいている時間や

のんびりした時間帯に行くのがお勧め。

 

④チャレンジを同時に呼吸法がお勧め


チャレンジ中にパニック発作に似た症状が出てくる場合があります。それを避けたり
安全行動をするのは控えなくていけません。その代わりに呼吸法をやりましょう。
呼吸法の詳しいやり方は恋らの記事をどうぞ。呼吸法でパニック発作が消えるわけで

はありませんが、心身の状態を緩やかにすることができます。

 

goscafe.hatenadiary.com

 

改めて対策を順番通りにまとめます。
① 具体的に不安な場面をリストアップする。
② 苦手度を数値化
③ 不安場面に挑戦する
④ チャレンジと同時に呼吸法を行う。

1人でやるのは少し・・・という方はぜひご相談ください。
ちなみに私は美容院の会話が苦手。美容院での会話の方法を誰か教えてください(笑)