読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社交不安(対人恐怖)とパニック発作のカウンセリング

社交不安障害とパニック障害のSkypeカウンセリング

パニック障害の治療で大事なこと。→身体の感覚ではなく「極端に悪く考える癖(破局的思考)」に目を向けましょう。

臨床心理士の藤井です。 最近、頭痛がひどく「睡眠が浅い。ストレスがたまっているのか」と悩んでいました。 どうも寝る時の姿勢が悪かったようです。 すっきりと眠れました。相変わらず、単純な身体・・・。 身体の感覚(頭が痛い、肩が張る)を 悪く解釈して…

対人恐怖症やパニック障害の方は不安とうまく付き合う方法を見つけましょう!

臨床心理士の藤井です。 前もお話ししましたが私は偏頭痛もちです。 たいてい、緊張する出来事(だいたい冠婚葬祭)や緊張させるような人に直面したり、 出会ったりした後に頭痛がやってきます。頭の脇、肩のあたりがズキズキします。 ひどいときは風の音も雨…

「休日なのにパニック障害でもう疲れた・・・」と思っているあなたへ 3つの効果的な休日の過ごし方 

臨床心理士の藤井です。 今日は休日です。 私の場合、休日は完全にゴロゴロしていることが多いです。 まあ、だいたい寝ていることが多いです。 趣味は寝ることなんです。もう・・昼間から布団にくるまって ウトウトすることの気持ちよさと言ったら・・・。 …

パニック障害のカウンセリング(認知行動療法)でやること・・・その③

臨床心理士の藤井です。 最近、パニック障害のカウンセリングについて何回かお話をしています。 goscafe.hatenadiary.com goscafe.hatenadiary.com パニック障害の方には、以下のような思考や行動が多く見られます。 ●発作が起きるのが怖く外出の制限が増え…

パニック障害のカウンセリング(認知行動療法)でやること・・その②

臨床心理士の藤井です。 以前、このような記事を書きました。 goscafe.hatenadiary.com この記事では、認知行動療法では、下の図のような認知モデルを作ることを 最初にやるとお伝えしました。 このモデルを作った後に何をするかと言いますと 「認知再構成」…

パニック発作が原因で起きる3つのしつこい罠

臨床心理士の藤井です。 この前、パニック発作を疑似体験してみました。 ある動作を集中して続けることでパニック発作と似たような感覚ができるのです。 やってみたのは… 身震い、震え、息切れ、窒息間、めまい、気が遠くなる感じ、非現実感‥‥。 たくさん試…

パニック障害の人が知ってほしい病気をうまくコントロールする7つの対策

臨床心理士の藤井です。 パニック障害の回復のためにぜひ意識してほしいことがあります。 今回紹介するのは特別なことではないのですが、とても大事なことばかり。 まずはこの例をお読みください ※架空の例です。 Aさん 40代のパニック障害治療中の女性 ・10…

パニック障害になると性格が変化します!性格変化は主に5つ。急にキレやすくなることもあるんです!

臨床心理士の藤井です。 パニック障害はパニック発作だけが問題ではないんです。 一時的ではありますが、パニック障害になると性格が変わってしまいます。 その変化は周囲が見てもハッキリわかるほど。 例えば・・・ ●パニック障害になる前 ・外交的 ・几帳…

パニック発作治療中のママに読んでほしい2つのアドバイス

臨床心理士の藤井です。 パニック障害は統計上は女性がなりやすい病気です。 私自身も今までの経験上、パニック障害の患者さんは女性が多かったです。 もちろん男性もいましたけども。 以前こちらでもお話ししましたが女性特有の出来事とパニック障害は 密接…

「パニック発作の起きやすい人」が仕事中に気を付ける5つの対策(ポイント) 

臨床心理士の藤井です。寒いですねえ・・・。雪国育ちの私ですが、寒いのは 全くの苦手です。なかなか出勤の際にも起きられません。起きたくないです。 今日はみんなが嫌な仕事の話。 パニック発作、パニック障害をお持ちの方で、お仕事をされている方・・・…

「パニック障害になりやすい人」とは?その6つの傾向と3つの対策!

臨床心理士の藤井です。 ネットでパニック障害を調べると 「パニック障害になりやすい人」、「パニック障害になりやすい性格」などを 紹介・解説している記事が多くあります。「パニック障害になりやすい人」って そもそもどんな人なんでしょうか。「なりや…